ある時、放射線技師として働いていた友人と偶然出会い、話す機会がありました。

医療の資格を目指した理由

ある時、放射線技師として働いていた友人と偶然出会い・・・ (男性 31歳)

ある時、放射線技師として働いていた友人と偶然出会い、話す機会がありました。
友人も色々と苦労をしていて、なかなか良い企業に巡りあえず、途方に暮れていたらしいのです。

ですが、友人はこのままではいけないと一念発起し、昼間はアルバイト、夜間は専門学校通いという激闘の生活を5年続けました。
その結果、念願の医療系資格を取得し、良い条件で良い職場に出会えたという、サクセスストーリーを作り上げていました。
その話を聞いて、今の仕事に嫌気がさし停滞していた私は、今の会社に辞表を提出し、夜間の専門学校に通うことを決意しました。

医療系の資格と言っても、色々な資格があります。その時初めて、仕事は自分で選択するものだという、当たり前のことに気付かされました。
なんとなくしていた仕事から、自分のしたい仕事をするため、今は勉強とアルバイトの毎日です。
収入は少なくなりましたが、後悔はありません。医療の世界で専門性を磨き、成長し続けたいと思います。

イチオシサイト